長浜城

<script type=”text/javascript”>rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”16c3a9bb.3273c60b.16c3a9bc.c45f0c16″;rakuten_items=”tra-ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”off”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”off”;rakuten_ts=”1528949195504″;</script><script type=”text/javascript” src=”https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget_travel.js”></script>

こんばんは!もちみです♡今回は岐阜の旅だよー!!

100名城の中でも国宝から攻めているもちみなので、彦根城に行きたいなーと思い、どうせなら岐阜のお城をたくさん巡ろう!と思って弾丸旅に出かけました。

というわけで、たどり着いたのはこのお城。

澄んだ青空とお城がだいぶ素敵…( ;∀;)

豊臣秀吉の出世城と言われています。

姉川の合戦と小谷攻めで手柄をあげた秀吉に与えられたのは小谷城(浅井家の居城)でしたが、そこには入らず長浜(当時は今浜)にお城を建て始めました。というのも、織田信長のすすめがあったようなのです。

織田さん:「おまいは湖の近くに城、作れや」

信長は山城をたくさん作っていましたが、家臣の城は自分が監視しやすいところに建てたかったのでしょうか…これも諸説あるようです。

小谷城は交通の便が悪かったみたいだし、城下町を作るのにも、この場所のほうが何かと都合がよかったのかもしれません。(駅から近くて来やすかったから納得できる)

小谷城や竹生島に隠していた材木などを使って天守は作られたそうですが、当時の図面などは残っておらず、今のお城は犬山城や伏見城を参考にして作られたそうです。

道理で犬山城好きな私が気に入るわけだ。(しばらく携帯の待ち受けにしていた)

本能寺の変の後、あの有名な清須会議にて長浜城は柴田勝家の甥の勝豊が在城することになりましたが、賤ヶ岳の戦いで再び豊臣方に戻ったそうです。(ほんとすぐね)

そして、大阪城に移るまでの約10年間、ここを拠点にしていたそうな。山内一豊も2年くらいいたみたいです。おー。

歴史好きとしてはこの辺の時代めっちゃ好きです。

織田信長の妹、お市の方が2回も夫を亡くしているのですが、それがまさしく姉川の戦いと賤ヶ岳の戦いなのです…(ここまじ辛いんだよね…)

私の大好きな大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」にその模様が描かれていますので、興味ある方は是非チェックしてください。(もちろんそのほかでも見られますが、もちみはこれを見て泣きました。笑)

何より琵琶湖も見られました。うっとり。

今回は歴史のお話が長くなってしまいましたのでこの辺で。

次回は私の大、大、大好きなみっちゃん!こと、石田三成の居城に向かいます!!!

<script type=”text/javascript”>rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”16c3a9bb.3273c60b.16c3a9bc.c45f0c16″;rakuten_items=”tra-ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”off”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”off”;rakuten_ts=”1528949195504″;</script><script type=”text/javascript” src=”https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget_travel.js”></script>

スポンサーリンク
レクタングル大



レクタングル大



フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大