盛岡城

<script type=”text/javascript”>rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”16c3a9bb.3273c60b.16c3a9bc.c45f0c16″;rakuten_items=”tra-ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”off”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”off”;rakuten_ts=”1528949195504″;</script><script type=”text/javascript” src=”https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget_travel.js”></script>

こんばんは!盛岡わず、もちみです。
久しぶりの一人旅で楽しくて仕方なかった。笑

最近は過去の旅をちょこちょこ書き出していましたが、今回は学会がありまして、盛岡に来ることになりました。

盛岡城は東北3名城の1つで、鶴ヶ城(会津若松城)、白河小峰城と並ぶ有名なお城でございます!お陰様で制覇しました。

豊臣秀吉に所領を約束された盛岡藩初代藩主である南部盛直が築城をはじめ、2代目利直が工事を引き継ぐも川の氾濫などで築城は難航。
3代目重直の時にやっとこさ完成しました。

でもね、なんと落雷で本丸すぐ壊れちゃったんですって。
神さま仏さま〜って感じだね。笑

てなわけで本丸。

最初は不来方(こずかた)城という名前で、
伝承によれば、かつてこの地には「羅刹」と呼ばれる鬼がいて、人里を荒らしまわっていたそうな。
ちなみにこの時、鬼が二度とこの地に来ない証として、岩に手形を残した。 これが「岩手郡」、のちに岩手へと連なる地名の由来。
また、「二度と来ない方向」の意味で、一帯に「不来方」の名が付されたと伝えられています。
その後森ヶ岡→「宝の珠の盛る岡山」から盛岡城と呼ばれるようになったそうです!

由来(ルーツ)調べるのってすごく好きです♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

盛岡城は東北でも珍しい総石垣のお城!
いろんな時代の石垣が見られます!
大きくてすごく立派✨✨✨

二の丸と本丸を繋ぐ廊下橋。

荘厳な感じ。

こういう角度からも好き。

青空が素敵。

何枚載せるんだって話。

いろーんな種類の積み方なんですけど、わかるかな?石の形も違いますね!

「割普請」というチームをいくつかに分け、進度に合わせて合理的に築城していくという方法でやっていて、南部さんは江戸からいろんな石工職人を連れて来て、様々な種類の石垣を作ったわけです。けっこうオリジナリティーあるんですって。

難しいことはよくわからないけど、見てて楽しいから私的には嬉しい。笑

今回はミラーレスのカメラで撮ったので、少しは美しい石垣の良さが皆様に伝わったでしょうか?(あまり変わんないのかな)

おまけ。

盛岡3大麺。

盛岡冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。

こちらも制覇させていただきました。

城あるところに、美味いものあり。

もちみ。

<script type=”text/javascript”>rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”16c3a9bb.3273c60b.16c3a9bc.c45f0c16″;rakuten_items=”tra-ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”off”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”off”;rakuten_ts=”1528949195504″;</script><script type=”text/javascript” src=”https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget_travel.js”></script>

スポンサーリンク
レクタングル大



レクタングル大



フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大